ぜひご参加ください!

急成長する企業にとっては、データドリブンな文化の構築が最も重要な戦略の1つとなります。このウェビナーでは、企業でデータドリブンな文化を形成する方法について紹介するとともに、組織全体に与える影響について説明します。

現在では、ほとんどの企業がデータに基づいた意思決定の重要性を認識していますが、ともすると何が重要なのか分からなくることがあります。確実にデータを最大限に活用するにはどうすればよいのでしょうか?

このウェビナーでは、ビジネスに重要な影響を与えるデータドリブンな文化を構築する方法についてご紹介します: 

•   企業がデータドリブンになりつつある理由とは?

•   データをアクセス可能な状態にする方法 

•   複数のソースからデータにアクセスできるようにシステムを統合する方法 

•   データをビジネス目標に結びつける方法

•   意思決定にデータを活用する方法

Lookerは、Upsales社の協力を得て本ウェビナーを主催します。サンプルのレポートを使用し、データドリブンな文化の構築を当社のお客様がどのように活用してきたかについて、成功事例をご紹介します。 

重要な情報:

ウェビナー: データドリブンな文化の構築

開始: 8月22日(木)10am(英国夏時間)/ 11am(中央ヨーロッパ夏時間)

所要時間: 45分

プレゼンター

Diane Stetche
職名

Frank Bien
職名

LLoyd Tabb
職名

Diane Stetche
職名

Victor Ivarsson
Upsales
主要アカウント担当者

Niklas Harzheim
Looker
中間市場アカウント担当者

ウェビナーは終了しました

恐れ入りますが、このウェビナーは終了しました。
こちらより 録画をご覧ください

参加お申し込み

登録することにより、お客様は利用規約個人情報保護方針を読み、同意したものとみなされます。


Lookerについて:
Lookerは、お客様のビジネスに関わるすべての人々がどこからでも情報に基づいて判断できるようにする、新しいタイプのプラットフォームです。業界を問わず、今日最もデータドリブンな企業が、Lookerのプラットフォームを使用して自身のデータを最大限に活用しています。